スマートフォンの方はこちら

医療法人 秀香会山本クリニック
大阪市の内科・胃腸内科・外科・肛門科・皮膚科

痔の日帰り手術・内視鏡検査なら大阪市の肛門科 山本クリニック

山本クリニック 大阪市の肛門科 痔の日帰り手術 
下肢静脈瘤 胃カメラ:内視鏡検査

電話 06-6698-1200

〒546-0043 大阪市東住吉区駒川5丁目8-2

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


超音波検査 大阪市の肛門科 山本クリニック

頚動脈エコー


動脈硬化とは

血管の壁が厚く、硬く変化して、血液の通り道が細くなり、血液が流れにくくなる病気です。
超音波検査 動脈硬化とは

動脈硬化が進むと、脳や心臓の血管がつまりやすくなります

脳卒中や心筋梗塞など、動脈硬化で血管がつまる病気で、日本人の約3割の方が亡くなっています。
動脈硬化が進むと、脳や心臓の血管がつまりやすくなります

脳卒中や心筋梗塞など、動脈硬化で血管がつまる病気で

動脈硬化の診断に頚動脈エコーが有効です

エコー検査(超音波検査)によって、からだの外から、血管の中の状態をみることができます。首の血管(頸動脈)は、脳や心臓の血管をうつす鏡です。頸動脈の動脈硬化がすすんでいると、脳卒中や心筋梗塞をおこす危険が高くなります。
エコー検査(超音波検査)

動脈硬化の目印は頚動脈の壁の厚さ(IMT)です

動脈硬化は、血管の壁が厚くなることからはじまります。IMTを計測することで、動脈硬化を早期に診断することが可能です。頸動脈エコー検査で、あなたの血管年齢がわかります。エコー検査は痛みもなく、からだに害はない検査で、短時間でおわります。


高脂血症とは

高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質(油分)が異常に増えた状態です。健康な血液は血管の中をサラサラと流れますが、脂質の多い血 液はドロドロと流れにくくなり、血管にくっついたり、血管をつまらせたりします。こうして血液の流れが悪くなった状態を動脈硬化といい、脳卒中や心筋梗塞 などの原因になります。日本では、男性は30歳代から、女性は50歳代からほぼ2人に1人が高脂血症と考えられます。日本人の高脂血症は、潜在的な患者を 含めると2000万人以上です。しかも、自分が高脂血症であることを自覚していない人が多く、自覚している人はわずか30%にすぎません。また、高血圧や 糖尿病に比べると、高脂血症は軽視される傾向があり、高血圧や糖尿病に比べると病気の本質が知られていないことが問題です。

高脂血症の診断

診断基準(日本動脈硬化学会, 2007年)

LDL-コレステロール 140mg/dl以上
HDL-コレステロール 40mg/dl未満
中性脂肪 150mg/dl以上

上記のいずれかをみたすと、高脂血症と診断されます。 ただし、数値は空腹時採血の結果です。
危険因子のなかでも、糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症があれば、他に危険因子がなくても慎重に治療を行う必要があります。

危険因子の数

○年齢(男性≧45歳、女性≧55歳)
○高血圧
○糖尿病(境界型を含む)
○喫煙
○家族歴(両親に心筋梗塞や狭心症があるか)
○低HDLコレステロール血症(40mg)
このうち、いくつ持っているか

食事療法
1.総カロリー、栄養バランス、コレステロール摂取の適正化
2.標準体重(理想体重)=身長(m)×身長(m)×22
摂取エネルギー量=標準体重×30
たとえば、身長160cmの場合、標準体重=1.6×1.6×22 → 56kg
摂取エネルギー量=56×30 → 約1600kCal
3.タンパク:肉より魚、大豆タンパクを多くする。
4.コレステロール:1日300mg以下、アルコール:1日25g以下(ビール1本、お酒1合、ワイン2杯程度が目安)
5.脂肪:総カロリーの25%以下にする。動物性脂肪を少なくし、植物性・魚類性脂肪を多くする。

運動療法
速歩き、ジョギング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動

薬物療法

女性の高脂血症

女性ホルモン(エストロゲン)は、LDL-コレステロールの低下とHDL-コレステロールの増加、LDLの酸化抑制、血管への直接作用などによって動脈硬化を抑える働きがあります。更年期以降、女性の高脂血症が増えるのは、エストロゲンの低下が原因です。
一方、エストロゲンが十分にある閉経前の女性では、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)はきわめてまれです。閉経前の女性は、重症のコレステロール血症、糖尿病、大量喫煙などの危険因子がなければ、まず、肥満の是正や禁煙など生活習慣の改善が治療の中心になります。
しかし、 閉経後の女性は、生活習慣の改善とともに薬物療法が必要なことも多くなります。

高齢者の高脂血症

65歳以上75歳未満の高齢者は、成人と同じく治療を行うことで、心筋梗塞や脳梗塞の予防効果があります。75歳以上では、はっきりとしたデータがなく、合併症の有無や状態によって個別的に治療方針を決める必要があります。


腹部エコー


リアルタイムな画像が得られる、人体に無害な検査法。当院では肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、大動脈、腹部リンパ節、子宮、卵巣、前立腺、腹水、胸水まれに拡張腸管の程度や胃壁の肥厚などを観察します。
最近は検査技師免許があれば誰でもこの検査を行うことができるため、施設によりまた施行者の経験や知識・技術の差によって検査の質の差が問題となっています。
熟練した医師が行うとかなり細かい病気を見つけることができます。超音波の反射波を画像にするので、放射線のような身体に対する影響は全くなく、診断能力の高い、安全かつ有用な検査です。患者さんは薄暗い部屋の中でベッドに横たわっているだけ。ぬるっとしたゼリー(超音波の通りをよくするため)を塗って、10分から15分ほどの検査です。苦痛もありません。

腹部超音波検査の特徴

検査で得られる情報 ★★★★★
検査に伴う苦痛の少な ★★★★★
検査の簡便性 ★★★★★
検査の安全性 ★★★★★


よくある診断名について


脂肪肝

○酒の飲みすぎが原因、お酒を控えればもとに戻る。

○飲みつづけると肝臓が悪くなる。

脂肪肝とは、肝臓の中にたっぷりと脂肪がたまっている状態です。肝臓はアルコールと脂肪を処理する臓器ですが、アルコールと脂肪は、肝臓の中で同じ経路で処理されています。アルコールを大量に摂取すると、肝臓は脂肪の処理まで手が回らなくなり、肝臓の中に脂肪がたまってしまうというわけです。脂肪の取り過ぎでなるわけではないのです。
アルコールを控えれば徐々に普通の肝臓に戻っていきますが、このまま飲酒を続けると、いずれアルコール性肝障害から肝硬変に進行し、命を縮めます、要注意です。

肝腫瘍

○最も多いのは肝血管腫でこれは大きさが3cm程度までであれば放置して問題ありませんがまずは悪性かどうかきっちり検査しておく必要があります、悪性の所見がなければ定期的な経過観察で十分です。

○他はほとんどが悪性腫瘍が多く、B型やC型の肝炎ウィルスが陽性の人は肝細胞癌、その他の悪性腫瘍はほとんどが胃癌や大腸癌、膵癌などの腹部臓器にできる癌の転移です。

胆石

○胆のうにある胆石は無症状なら放っておいてもよい。

○総胆管にある胆石は大急ぎで除去すべき。

胆石とは、コレステロールやビリルビンという胆汁の成分、カルシウムなどが固まって石のようになったものをいいます。胆のうの中にあり、無症状であれば、特に治療は必要としません。しかし、時々おなかが痛くなったり、熱が出たり、時には黄疸が出たりすることもあります。こうなったら大急ぎで治療しないといけません。特に、総胆管というところに「落ちた」胆石は何かと悪さをすることが多いので、早急に治療をすべきです。 また症状のない胆石を何年も持ったまま経過している人の中でまれに胆のう癌を合併していることがあるので定期的な検査が必要です。ほとんどの胆のう癌は症状が出たときにはもうすでに周囲に広がって根治的に手術で取り除くことが不可の程広がっていることが多いです。

4.来院されるときも標榜科が内科・胃腸科・外科・肛門科・皮膚科ですので何科で受診されたのかわかりません。クリニックの出入りや待合いでも気にされることはありません。

胆のうポリープ

○ポリープには悪性化するものあり、定期的な検査・経過観察が必要。

○悪性の可能性が否定できなければ手術。

胆のうポリープと言ってもほとんどがコレステロールポリープで放置して問題ないですが、数%は悪性化の可能性のある腺腫性ポリープのこともあります。ある程度以上の大きさ、あやしい形をしているものや、悪性の可能性が否定できなければ、手術を考慮すべきです。

腎結石

○症状がなければ経過観察だけ。

「石がある」なんていうとちょっとイヤですが、無症状であれば治療は必要ありません。尿管結石は強い痛みを伴い血尿がでることがあります。

のう胞

○のう胞とは、腎臓・肝臓・膵臓などに発生する、中に液体のたまった空洞です、たいていは無症状・無害。

○膵臓ののう胞は悪性化の可能性あり、専門医に相談。

たいていは無症状・無害。病的意義のないものですが、多臓器に多発しているもの、膵臓にあるものは要注意。腎臓にたくさんある場合(多嚢胞腎)、将来、腎不全に進行する可能性があります。膵臓ののう胞は悪性化する可能性があり、こちらも要注意です。しかるべき検査を受け、定期的なフォローアップが必要です。


大阪市東住吉区の肛門科 山本クリニック
超音波検査 内視鏡検査 痔の日帰り手術・下肢静脈瘤

トップページ

大阪市東住吉区の肛門科

大阪市東住吉区の肛門科です。内視鏡検査 痔の日帰り手術・下肢静脈瘤・胃カメラはお任せください。

痔について

内痔核は、ジオン注を使った硬化療法(ALTA法)の日帰り手術で治療

内痔核は、ジオン注を使った硬化療法(ALTA法)の日帰り手術で治療しています。お手軽で安全です。大阪市の肛門科・痔の治療なら

胃・大腸内視鏡検査

胃・大腸内視鏡検査

当院での胃カメラ検査は、鎮静剤を少量使って眠っている間に検査を行いますので全く苦痛はありません。

下肢静脈瘤

足の静脈瘤

下肢静脈瘤とは足の表面にある静脈が拡脹して蛇行してくる病気です。できるだけ患者さんにダメージが少なく入院せずに外来で治療できる手術を行っています。

女性の患者様へ

女性の患者様へ

特に肛門疾患で来られる患者様の7割は女性です。当院では肛門疾患で来られる大阪市の女性の患者様のために次の様な事に気をつけています。

手術・検査実績

手術・検査実績

H26年度 痔の日帰り手術など肛門疾患:500例、下肢静脈瘤手術:68例、内視鏡的大腸ポリープ切除:232例、内視鏡検査総数:1268例 大阪市内でも有数の実績です。

論文・学会発表実績

論文・学会発表実績

論文投稿および専門医、山本秀尚院長の学会・研究会発表についてご紹介しています。

院長ごあいさつ

大阪市の肛門科 山本クリニック院長あいさつ

大阪市の痔の日帰り手術、内視鏡検査、静脈瘤の山本クリニックでは、患者様にご納得いただけるクリニックを目指しております。

皮膚科診療

皮膚科診療

女医による診療。一般皮膚科だけでなく、美容皮膚科ではシミ・シワ・にきび等のお肌のトラブルの治療を行っております。

超音波検査

超音波検査 頚動脈エコー

動脈硬化の診断に頚動脈エコーが有効です。頸動脈の動脈硬化がすすむと、脳卒中や心筋梗塞をおこす危険が高くなります。

痔の予防法教えます

肛門外科 痔の予防法教えます

痔、特にイボ痔と切れ痔は生活習慣に原因があります。肛門の緊張が強い人は切れ痔やイボ痔ができやすいので…

院内案内

院内案内

院内マップです。痔の日帰り手術、内視鏡検査、静脈瘤などお気軽にご相談ください。

手術説明

痔核の治療方針、切れ痔について、痔瘻の治療、痔の日帰り手術説明

痔の日帰り手術、痔核の治療方針、切れ痔、痔瘻の治療。下肢静脈瘤、最新の静脈瘤治療について。

アクセス

近鉄南大阪線 針中野駅下車、地下鉄谷町線 駒川中野駅下車

近鉄南大阪線 針中野駅下車、地下鉄谷町線 駒川中野駅下車、駒川商店街を通ってお越しください。

title_guidance03.jpg

痔の日帰り手術。静脈瘤手術・内視鏡実績痔の日帰り手術。静脈瘤手術・内視鏡実績

論文・学会発表実績論文・学会発表実績

大阪市の肛門科 山本クリニック院長あいさつ大阪市の肛門科 山本クリニック院長あいさつ

皮膚科診療(女医)皮膚科診療(女医)

超音波検査・エコー超音波検査・エコー

肛門科 痔の予防法教えます肛門科 痔の予防法教えます

痔の日帰り手術について痔の日帰り手術について

大阪市の胃・大腸内視鏡大阪市の胃・大腸内視鏡

下肢静脈瘤の治療下肢静脈瘤の治療

大阪市の女性の患者様へ大阪市の女性の患者様へ

院内案内院内案内

痔の日帰り手術説明痔の日帰り手術説明

大阪市内のアクセス大阪市内のアクセス



院長ブログ

紹介ムービー

お問い合わせ

山本クリニック
大阪市の肛門科
痔の日帰り手術
下肢静脈瘤
胃カメラ:内視鏡検査

〒546-0043 
大阪市東住吉区駒川5丁目8-2
Tel : 06-6698-1200